修学旅行の貸切バス車内レクリエーション

学校で行われる数多くの行事の中でも、特に大きな行事であるのが修学旅行です。この修学旅行の企画というのは、担当する先生にとっても頭を悩ませるポイントが多いものではないでしょうか。特にこの修学旅行において注意しておきたいポイントとして、移動手段を考える、ということがあります。

高校生の修学旅行になると、ある程度生徒たちも落ち着いているため、公共交通機関での移動でもそれほど問題が発生することはありませんが、小学校中学校の児童生徒達の場合にはどうしても落ち着きがなく、公共交通機関では問題が発生してしまうことも少なくありません。

そんな時に利用することができる移動手段として、貸切バスがあります。特に小学校中学校の修学旅行の場合、そんなに遠くまでは修学旅行をしないという場合が多いため、貸切バスの利用が適しています。公共交通機関と違って、乗り換えが発生しないというメリットがあるため、スムーズな移動を実現することができるでしょう。

そしてもう1つ、この貸切バスのメリットとなっているのは、車内をレクリエーションの時間として利用することができるという点です。それでは、実際に修学旅行の貸切バス車内で行われるレクリエーションとしては、どのようなものを考えることができるでしょうか。

まず典型的な例として挙げられるのは、バスレクリエーションの企画係を、児童生徒の中から選出して企画をさせるということです。そうすることによって、その事自体が一つの学習となり、バスの中で楽しい時間を過ごすとい目的のために、企画すること、準備すること、実行することができるようになります。

ある程度は予算の設定なども行って、準備のためのサポートをしてあげるようにすると良いでしょう。皆を楽しませることができるような企画を作りたいと思い、がんばる児童の活動を見ることができます。

さらに、教師側が行う車内レクリエーションの例としては、これから向かっている先についての、一問一答クイズのようなものを考えることができるでしょう。
修学旅行は、勉強が一つの目的となっている旅行であるため、その地域についての学習を兼ねた企画をすることが重要なポイントとなっています。

問題形式にしなくとも、これから行く所がどのような場所なのか、そこを見ることにどのような意味があるのか、ということをみんなで考えることによって、より効率のよい勉強ができるようになります。
この他にも、車内の設備を利用して楽しめるレクリエーションはたくさんあります。