修学旅行に適した貸切バス

団体旅行の種類の中でも、特に特殊な性質を持っているものとして修学旅行があります。この修学旅行は引率者としての教師が複数名付いているものの、基本的にメインとなっている乗客が児童・生徒であるという点が最も特殊な点です。

そういった特徴のある修学旅行において、大きなネックであるのが「移動」となります。公共交通機関をする場合、一人の落ち着きのない生徒がいるだけでも大きな問題になってしまう可能性があります。そう言った問題を事前に廃することができるのが、貸切バスという移動手段です。

それでは、貸切バスを修学旅行のために利用する場合のメリットとしてどのようなものがあるのかについて紹介します。まず最初に紹介するのは、前述のような公共交通機関の場合に発生し得るトラブルを防止することができるという点です。

貸切バスの場合、バス内にいるのは運転手やガイドといったようなバス会社・旅行会社の方を除けば、児童・生徒と引率教師だけです。そのため、ほかの利用者に対して多大な迷惑を掛けてしまう、というようなことは起こらなくなります。また、公共交通機関における長期移動で問題となる「乗り換え」の問題を回避することができるというのもメリットの1つとなっており、スムーズな移動によって修学旅行の行程を守ることができるようになります。

さらに、上記の通り貸切バスでは児童生徒と引率教師以外の関係者が乗車していないため、車内での時間を様々なレクリエーションなどの時間として設定することができるようになります。教師はその時間を生徒に与えて自由にレクリエーションの企画を立てさせる事もできますし、この後に向かっている場所についての勉強をするための時間として利用することもできます。
貸切バスの中には車内にマイクの設備があるものや、それぞれの座席にテーブルの設備があるものも多いため、これらの利用のために適しています。

そしてさらに、貸切バスを修学旅行で利用するのに適している点として、学生割引を実施しているバス会社が多いという点を挙げることができます。元々比較的リーズナブルに利用することができる移動手段である上に、さらに安く利用できるようになるため、学校としての予算を節約することができるようになるでしょう。修学旅行の場合、早い段階から予定を組んでおくことはも難しくないため、早期割引などと組み合わせることが可能になる場合も多く、さらに利用料金を抑えることができます。