合宿のために利用できる貸切バス

幅広い利用目的を考えることができる移動手段として、貸切バスがあります。この貸切バスは旅行のために利用される他、研修や合宿などに利用されている場合も少なくありません。それでは、実際に貸切バスが利用されている目的として、ここでは特に合宿のために利用される場合を抜き出し、その内容について紹介します。

まずは、貸切バスがどのような合宿のために使用されているのか、ということについてです。まず考えられるのが、学校やクラブチームなどが使用する、スポーツ合宿を目的としているものです。
特に夏休みなどのシーズンに多く見られるものとなっており、毎年のように利用している学校やチームも少なくありません。このようなスポーツ合宿のために貸切バスを利用するメリットとして、車内での時間をチーム内でのコミュニケーションや作戦会議、あるいはその後の合宿についてのプラン説明などの場所として使用できるという点が挙げられます。

貸切バスであれば車内に乗っているのは同じスポーツチームに属している生徒と顧問だけという場合が多く、気軽にこれらについて話しながら移動することができるのが魅力といえるでしょう。

また、他の合宿の形式として、大学におけるゼミ合宿などの形式で利用されている場合もあります。研究上関係のある場所に合宿に行き、そこで勉強をするという経験をすることができるゼミ合宿は魅力的な利用方法の1つとなっています。

ゼミのメンバー数に合わせて利用するバスのサイズを変更することができるようになっているため、大人数のゼミから小人数のゼミまで、様々な場所で合宿利用ができるようになっているのが魅力です。

それでは、この合宿利用を目的としている貸切バスの利用に関して一つ気になるポイントに、連泊について紹介します。連泊をして、その宿泊中についても貸切バスを利用したいと思う場合、どのような形式で利用するのが最もリーズナブルになるのでしょうか。

ここでポイントとなるのは、出発地点と合宿場所との距離がどの程度離れているのか、ということです。基本的にバス利用の料金というのは、移動距離と拘束時間によって発生することになります。そのため、一度戻ってもらうという選択を取った場合でも、その時間は拘束時間として含まれることになるため、回送についても結局料金が発生することになります。そうなることを考えると、運転手にも一緒に合宿所、ないしは別の宿に泊ってもらい、翌日以降も利用する方がコストカットになります。